んばば*んばば
*ねこニャがぐーたらしつつ好き勝手をする日常生活*
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ねこニャ【んばば】      

  • Author:ねこニャ【んばば】      
  • 大きくてモフモフで
    柔らかい生物
    ・・・それは猫★

    猫6匹と一緒に
    ぐ~たら過ごす日々

    そんな中に
    ミニチュア人間が
    仲間入り

    お花を愛でて
    みたりもして・・・


    そんな
    とりとめない日記。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田舎は遠い。。。
2006-09-30(Sat) 20:49
父方の祖父が、亡くなった。
と連絡が入ったのは9/25仕事中。絶妙なタイミング(?)で、Kももともと9/28・29で連休だったこともあり、連れ立って告別式に参列してきました。

大正一桁生まれの年齢だったこともあり、入退院を繰り返していたのは知っていた。それに先月、父母が祖父の看病のために(伯父伯母だけでは看病疲れしてしまうからね)半月の間ほど帰郷してたので、そろそろかな~・・・とは考えていたのだけれど。やはり。

父方の祖父とは幼少の頃も含めて滅多に会わなかったし(遠いから)、会ったとしても寡黙な人物だったので、ほとんど話した記憶が無い。ので、当然親近感を持ったことがなく、亡くなったと聞いても申し訳ないが悲しさは感じられない。老衰だね、往生したね、、、くらいなもので。

3年前祖母が亡くなった時にも会っているはずのイトコたちも、全然顔を覚えていない。彼らともちっとも会わないから。そもそも親同士が滅多に連絡取り合わないし。

地方によって法事の行い方もそれぞれだと思うが、父の実家の辺りでは25日に亡くなってもお通夜は28日、告別式は29日。親類が遠方に散らばっているからかもしれない。
父は祖父が亡くなった翌日昼に現地に到着し、ギリギリ納棺に間に合ったそうな。父の話では、祖父は6人兄弟で、その中で一番長生きしたんだとか。それなら我が父にも是非長生きしてもらいたい。

祖父は大柄な体格だったこともあり、墓に納骨する際に綺麗な白い骨がたくさんあった。(母方の祖父の時は、小柄だったし投薬の所為で骨の色は黄緑だった。)思い浮かぶのは、生前の、胡坐して伏目がちに微笑む姿。どうか、安らかに。。。

これで残るは母方の祖母のみ。母なんかより余程元気な人ではあるが、なにぶん歳が歳だからねぇ。祖父母の中で一番親しんでいるので、やはり長生きして欲しいと願う。

...Read more ?

スポンサーサイト
気になる気になる気になるき~
2006-09-23(Sat) 19:53
ずーーーーっと前から探している音楽があります。
そうね、7・8年前からかしらね。

有名な人なんでアッサリ見つかるかと思いきや、試聴できないから、どのCDに収録されている何という曲かが分からない。
んで、邦人じゃないから公式HPを見つけても読めないのよ。

その人を最初に知ったのは超有名な1曲。『Don't Worry Be Happy』
の~んびり・ほ~んわか した曲で、グラミー賞も獲ってます。洋楽なぞほとんど聴かないワタクシの、大好きな曲の1つです。
っつーか、この人はこの曲しか知りませんでした、自分。
でもある日、Kとドライブ中に流れた曲で目から鱗!な驚き。声だけでクラシックを唄っているではありませんか!!歌っている人の名前を知って二重に驚き。 "Bobby McFerrin(ボビー・マクファーリン)" この人だ!

・・・・・・しかしその時流れていた曲の名までは聞き取れず。。。PC検索で探すも見つけられず。。。年月だけが経ちました。

んで。
そろそろワタクシの誕生日が迫ってるんで、KにプレゼントとしてCDをねだってみた。・・・そんな見つけ難いCDを・・・。

つい、「分からないならアルバム全部大人買いしちまえーっ!」とヤケになってしまいそうな自分。。。いっそ本当にそうしてしまおうかしら、などと脳裏に浮かんだり・・・。

ふぅむ。。。
健診
2006-09-20(Wed) 22:31
今日、健康診断に行ってきた。

社会保険に加入するほどの仕事に就いたのが久しぶりだから、受診するのは6年ぶり。
昼過ぎに仕事を抜けて指定病院へ・・・

健康診断て、どこの会社に入ろうとどの病院を指定されようと、やることはほとんど同じ

検尿→自己診断アンケート→身長体重測定→血圧測定→血液採取(血液検査)→視力聴力検査→X線撮影→心電図→問診

年齢が達してないからやらなかったけど、婦人科健診もして欲しかったなぁ。。。

全て終わるのに1時間ほど
体重はね・・・もう、諦めてるから 血圧が微妙に低いのもいつものこと、注射針を直視できないのもいつものこと、X線撮影で着替えるのが面倒なのもいつものこと。。。

自分的に興味があったのは視力と問診のみ。
独身最後の6年前の健診で、右目の視力だけが大幅ダウンしてからというもの、どうしても気になってしまう。その時より悪化している自覚だけはあったから、果たしてどの程度になっているかと思った。
両目でレンズを覗くタイプの検査器で、""の切れ目を当てる汎用もの。早速見てみたけれど3つ目からぼやけてダメ。比べて左目は、11コ目の小っちゃいのまでハッキリくっきり
「だいぶ左右に差がありますね~。生活に不便なようなら眼鏡とかも考えてみてください」そう言う看護士さんのメモを覗き見たところ、右「0.4」。6年前は0.7だったから確かに悪化してるなぁー・・・。もともとは右目のほうが良くて2.0だったのに、、、。左目は「1.2」これは変わらず。
眼鏡やコンタクトにするほど支障は無いし(免許証も更新できる程度だから)、放っとこ

さて問診ではいろんな質問をしようと考えていたのに、いざ診察室に入ると軽く聴診器で心音を聞いて「特に問題ないようですね」だけ。
をいぃーーーーっ!!それだけかいっ!!
内科の医師だということだったから、気になってる症状を質問してみたら、「どうしても気になるようなら検査を受けてみてください~」だけ。
んなこたぁ分かってるんだよ!周囲からも散々「検査しろ」って言われ続けてるんだから!その症状で考えられる病名とかを言ってくれるもんだと思ったのにっ!

血液検査などとの総合結果が送られてくるのは1ヶ月ほど後、でも やっぱり気になる自覚症状。。。
Kの冬ボーナスが出たら人間ドックとか受けてみようかしら。。。
ちぃさい秋(?)みつけた
2006-09-16(Sat) 02:28
ちょい前から、日が暮れるのもやけに早くて。
窓の無い職場から仕事を終えて外に出ると、既に真っ暗。「え?雨降るかな?」とか、厚い雲がかかってるのと勘違いしたり・・・

んでもって、半袖だとひんやりしちゃったり。
んーーー、衣替え、どうしよう。と迷うのも仕方の無いことと思われ。
冷茶より温茶が恋しくなったり。

そこで、"プチ"衣替えを敢行。薄手の長袖カットソーを出して、夏色の半袖を仕舞った。

いやいや それよりも。夜の冷え込みのほうが問題なのだった。
寒くなってきたんだなー、と実感した晩があった。夏の間、出窓の桟に陣取って寝ていた猫たちが、一斉にベッド(人間の)の上で寝始めたのだ。
流石に人間自身もタオルケット1枚だけでは寒くて風邪ひいちゃいそうだから、久しぶりに毛布を引っ張り出した。
その途端に↓。
20060917023541.jpg
この画像枠外には殿下もいたり。既にウトウトしていた倖眞はカメラを向けられて不機嫌な顔
久しぶりの毛布は猫にも大歓迎されたようだ。。。初めて冬を迎える雪ちゃんでさえも、マイヤー毛布の感触には感激してしばらくゴロゴロ&フミフミしていたよ。
例外的にリベルは人間にくっついて寝てくれることは無いので床に敷いてあるフリーシートで おくつろぎ。

翌朝目覚めると、リベル以外の5匹がワタクシの足元で丸まって寝ておりました。
ああぁ、これからどんどん寒くなっていって、ベッドの上を猫たちに占領される日々が訪れるのねん・・・
嬉しいけれど寝返りが出来なくなる(腰が痛くなる)のよ、何匹か旦那(K)のベッドに移動してくれないかい?
きゅあぁ~ん
2006-09-14(Thu) 02:26
ずい分 久しぶりに猫の写真を撮ったぞよ

フルタイムの仕事になってからというもの、なかなか時間を取れなくて、HPのアルバムにかなりブランクが出来てしまった

20060914020816.jpg
さてさて、これは我が家で最大の猫様であります。リベルくんです。
"自由人"の名のとおり、拘束されるのを嫌がります。

夏の間、背中や襟の毛はかなりスカスカしちゃってたのに、お腹の毛だけはモサモサのまま、脇・脚の付け根は毛玉ゾーンでした。。。

去勢はしてあるけれど まだまだ成長中で、未だに殿下より体重が僅かに軽いです。
ゆっくりでいいからね、立派なジェントルジャイアントに育っておくれ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。