んばば*んばば
*ねこニャがぐーたらしつつ好き勝手をする日常生活*
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ねこニャ【んばば】      

  • Author:ねこニャ【んばば】      
  • 大きくてモフモフで
    柔らかい生物
    ・・・それは猫★

    猫6匹と一緒に
    ぐ~たら過ごす日々

    そんな中に
    ミニチュア人間が
    仲間入り

    お花を愛でて
    みたりもして・・・


    そんな
    とりとめない日記。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お邪魔っ子精神とは
2007-01-23(Tue) 14:37
比類なきお邪魔っ子精神でラグたちを脅かすMCリベ。
20070123135712.jpg
これは・・・PC前の椅子の背もたれ部分に上って一生懸命縋りついているところ
人間が見張っていないとその背もたれを踏み台にして、ラック最上段のプリンタやスキャナの上に乗ってしまうので要注意なのだ

そもそもMCは遊び好きで好奇心旺盛な猫だけれど、これほどとは想像もしていなかった。
なんにでも興味を示すのだ。
深く眠っている時以外は、人間が動いても他猫が動いても敏感に察してついてくる。そして我先にと頭を突っ込んでくる。

ねこニャも、最初こそ、どこに行ってもすぐに追いかけてきて追い抜いてついてくるリベだから、こんなに懐いてくれているんだとホコホコ喜んでたんだけれど、近頃ではそれは勘違いであったと思わざるを得ない。
リベのお邪魔っ子精神の根幹は途切れることを知らない好奇心なのだ
「ナニナニ?ナニするの?ドコ行くの?ナニやってるの?何か出してくれるの?遊んでくれるの?」
常にこう思っているに違いない。
第三者的に見ると、なんて落ち着きの無い猫なのかと。ラグの性質に慣れた後だったから、余計にリベの行動は異端視されてしまっていた。今はもう慣れちゃったけどね

1に遊び2に遊び、3・4が無くて5に食餌、ついでに6が眠り、時々甘え。byリベ

うんうん、よぉ~く心得ておかねばね
でもね、ねこニャがベッドで寝てるときに頭上の出窓からねこニャのお腹経由でジャンプして床に着地するのはやめておくれ
怖いよ、痛かったよ、流産するかと思ったよ 
スポンサーサイト
両親学級1回目
2007-01-21(Sun) 21:44
昨日、病院での両親学級なるものに参加してきてみた。両親学級というからにはKも同席してもらった。
ホテルのように豪奢な病院の、大会議室みたいなホールで開催され、週末ということもあって用意されたテーブルは満席だった。
参加者は7割が夫連れで、妊娠初期~中期の奥サマたち。おそらく ねこニャと同月出産の人も多数存在していたであろう。
最初は院長の話から。どっかで見た顔だと思ったら、病院のホームページや外来に飾ってある医師団の紹介写真に載ってるんだもん、見たことあって当然だった。
院長の声はマイクを通しても小さくて聴き取りづらく、眠気を誘うだけだった。体験談や脱線話が多く、予定時間を大幅にオーバー。やっと休憩時間に入ったときには、真っ先に院内の自販機コーナーに向かったよ(パックの飲み物が出されていたのだがエアコン効き過ぎですぐに喉が渇いて飲み干してしまっていたのだ)。
トイレに行って会場に戻ったら既に休憩時間は終わっていて、栄養士さんの話が始まっていた。院長が時間オーバーした分、かなりのハイペースで説明が進んでいった。最後に、病院と提携している近隣のスポーツクラブのインストラクターさんの勧誘話がお義理のように過ぎ去り、両親学級のメインは終わった。
会場を退出する際に参加記念品をもらい、希望者は院内見学できるということだったのでモチロン見学した。その病院は全室個室なのだが、広~いシャワー室付きの特別室から、徐々にグレードダウンして一般室までの4タイプの部屋を見ることができた。感想としては、自然分娩であれば5日間で退院できるし、そうそう見舞い客も来ないんだからそんなに豪華な部屋じゃなくてもいいじゃん、というところか。
あとはリラクゼーションルームとシャワールーム。リラクゼーションは、まぁエステみたいな、マッサージサロンという感じ。シャワールームは寒くないように天井にヒーターが設置されていて、産婦さんが座れるように幅広の台座が設けられていた。うん、これは至れり尽くせりでいい感じ。
最後に新生児室を見学。当日生まれたばかりのベビーたちがズラリ。ち、小さいなぁ・・・。あれ、昨日までに生まれてたベビーたちは何処?と思ったが、そういえば母子同室なんだった、個室にベビーベッッドがあったじゃんか、と思い出した。
しかし帰り際、「生まれたてで小さい、と思ってるのかもしれないけど、昨日までコレがお腹の中にいたのかと考えるととてつもなく大きく感じる・・・」ねこニャの正直な感想よ。これにはKも凄く納得して大きく頷いておった。

この日の両親学級では、院長や栄養士さんの話なんかより、院内見学のほうが ねこニャにとっては有意義だった。

...Read more ?

アレルギー
2007-01-10(Wed) 21:16
今日は るっきゅん と ライちゃん きょうだいのワクチン接種に行ってまいりました。
この2匹(+殿下)の通っている病院は我が家から車で40~50分かかる場所にあるので必ずKが同行。キャリーに入れられて車に乗せられた時点で、お外が苦手な2匹は あぅあぅ鳴きっぱなし
病院に行くのも昨年のワクチン接種以来だから、病院に着いても緊張で呼吸が乱れたままの2匹。。。

いつもは混んでいる病院なのに、今日はナゼかスッカスカ 待つことなく診察室に迎えられたのでした。
そしてワクチン。毎年三種混合を接種してもらうんだけど。2匹は去年とは違うメーカーのものにしてもらった。

というのも、昨年ワクチン接種してもらったら、2匹ともそのワクチンにアレルギー反応を出してしまったからである。
ライちゃんは帰路の車中で①大量のヨダレを流しだし、車を停めてからは②何度も吐き、挙句に③その場で下痢を引き起こし、ねこニャをおおいに慌てさせた。すぐさま病院に引き返して抗アレルギーの注射をしてもらい、しばらく病院内で様子を見て落ち着いてからやっと帰宅。
ホッとため息をついたら、今度は時間差で るっきゅんの顔が膨れ上がって熱を出し、またも ねこニャを慌てさせた。病院に電話をして、以前ライちゃんが イ草アレルギーを起こした時の抗ヒスタミン剤が有効と聞いて急いで飲ませた。そうして昨年のワクチンは一騒動だったのである。

だから今年は、そんな症状が出なければいいなぁ~と願って、先生が注射するのを見守った。
接種後、病院内で30分ほど安静にし、改めて先生に様子を見てもらってから、帰路に着いた。それでも一応、念のため、抗ヒスタミン剤を処方してもらった。
といっても、丁度動物病院のすぐ近くに用事があったもんで、2匹には車中で待っててもらった。その後も近場で人間が昼食を摂ったり、猫のトイレ砂を買いに行ったり、2匹の様子を見ながらちょこちょこ移動したんだけど、特に変わった様子は無かった。

良かった、今年はアレルギー反応無かったね~、とKと一安心して無事帰宅。お腹を空かせた愛猫たちに食餌を与え、今日はあとは殿下のシャンプーだねー、とKと話していた。

なのに。そのとき目の前を横切った るっきゅんの耳の色がやけに赤く見えて、触ってみると「あ゛、熱出してる
なんという時間差攻撃 接種後6時間経ってるんだよ じゃぁ、ライちゃんも・・・と探すと、目の縁を真っ赤に腫らした姿を見せた。「うぎゃ、やっぱり」昨年もそうだったが、ライちゃんのほうが症状が酷いのだ。
でもまだ昨年よりは軽い症状。丁度食餌の後だし(食欲はあったんだよね)、もらってきた薬を飲ませた。
想像はしてたから、今回はそんなに慌てることはなかったけど。今回もダメだったか~・・・ 来年また違うメーカーのワクチンにしてもらわなきゃ。ってゆーか、2匹がアレルギーを起こさないワクチンってあるのかな?なんとも、先行きが不安である。

...Read more ?

特別扱い
2007-01-08(Mon) 19:12
猫ご飯の在庫が切れる・・・。
そう思ったのは、12月になって最後の10kg袋を開封した時だった。果たして年明けまで保つだろうか?微妙な量だった。
Kに相談したところ、簡単に「ダイジョブダイジョブ」と言われてしまったんで注文しなかったのだが。
世間一般の仕事納めの日あたりになって、どう見ても残量が年明けまでもたないと判明。「どうしよう、足りない」「えぇっ、どうして注文しておかなかったの?」アンタがダイジョブって言ったからじゃ!
我が家から歩いて行ける距離にペットショップは存在しない。最寄のドラッグストアに売り場があるにはあるけど、我が家で与えているメーカーのものは扱っていないのだ。年末はKは最も忙しい時期、お休みなど無い。=(イコール)足になる車がない。=買い物に行けない。ガーン

年明け、1/5、いつも注文している卸屋さんに早速電話注文。当日中にお金も振り込んだ。しかし届くのは1週間後。。。いよいよ足りない。残っていたキツン用のカリカリを混ぜたりして誤魔化していたんだけど、それでも足りないし、なにより猫たちが不服顔、、、
仕方ない、メーカー違うけど、ドラッグストアに買いに行くか・・・
大晦日に歩いて買い物に出てグッタリしちゃった記憶も新しい。またグッタリしちゃわないといいけど~。。。   そうして、昨日1/7、夕暮れの中ドラッグストアへと向かった。テクテク、、、テクテク、、、こんなに遠かったっけ??
ドラッグストアに着き、キャットフードを探すと。やはりと言うべきか、プレミアムフードは一種類のみ。それでも何も無いよりマシか でも1kg袋しか扱ってない。注文した10kg袋が届くまであと5日間、、、1kgで大丈夫かな!?
・・・というか、それ以上買えない。重くなると ねこニャがまたグッタリになっちゃう 手にぶら下げるのではなく、腕に抱えて持ち帰った。

帰宅後、買ってきたカリカリを保存容器に移し替えている間にも、猫たちが周りをウロウロ・・・はいはい、お腹空いたのね。
20070108175417.jpg
ねこニャ家の猫たちのご飯風景。上段が殿下のみ、下段は左からライちゃん・倖眞・雪・リベ・るっきゅん。
殿下だけは特別扱いである。こうして特別扱いすることで、他の猫たちが殿下に一目置くのである。これは効果がある。ご飯を与える時も、他の猫たちが欲しがっても、殿下が「ごぁ~ん」と鳴いて欲しがるまでは与えたりしない(そこまで欲しがってる時じゃないと、たいして空腹じゃないからカリカリを残すんだもん)。下段は、お邪魔っ子リベがいることで いつも同じ配置というわけにはいかないんだけど、ケンカになったりはしないから、これでうまくいっているんだと思う。
誰かが食べ残しても、食いしん坊な誰かがキレイに食べつくしてくれるので助かっている。


いつも最後まで食器をさぐっているのは・・・誰だかわかるよね?他猫の食器ばかり狙って、結果的にあまり大量には食べられてない、アノ仔です
うぉ~た~
2007-01-07(Sun) 02:22
ある晩、突然。るっきゅんは訴えた。
「お水~!」
ねこニャが就寝前に洗面所に手を洗いに行くと、るっきゅんが洗面台に乗って、キャーキャー鳴いたのだ。最初は何を訴えているのか分からなかったけど、手を洗っていると流水に顔を突っ込みたがってペロペロ舌を出したから、水が飲みたいのだと合点がいった。
お水のボウルがカラなのかと思って慌ててチェックしたものの、まだいっぱい残っていた。それでもとりあえず水を交換してみた。
それなのにずーっと洗面台から離れようとしないし、いつまでも飲み続けるから、異常だと感じたワケ。
忘れもしない、去年11/13。いつもと違うるっきゅんの様子に、帰宅前のKにもメールしたのだ。「泌尿器系の疾患じゃなきゃいいけど・・・。」後から聞いた話によると、ねこニャが就寝してKが帰宅したときにも、同じようにしつこくお水をねだったそうだ。

翌日も、その翌日も、洗面所の入り口をカリカリ爪で引っ掻いて、「お水~!」と訴え続ける るっきゅん。でも、排泄に異常は見られなかった。熱を出してるワケでもない。他の猫たちは普通にボウルから飲んでいるのに。。。ナンダロウ?

丁度そのときは リベが舌の手術をした後で、潰瘍による口臭が酷かった。るっきゅんはそんなに神経質な仔ではないはずだけど、ボウルのお水が臭く感じたのかなぁ?

20070107012128.jpg
今でも、るっきゅんの「お水~!」攻撃は続いている。ねこニャと目が合うとキャーキャー、椅子から立ち上がった拍子にキャーキャー。いつまでも ねこニャが動かないでいると、洗面所の入り口前で座り込んでカリカリ引っ掻き、ジーーーッと視線を注いでくださる。
それでも動かないと、諦めたようにシブシブ移動し、ボウルの水を飲むのである。なんだ、ボウルのも飲むんじゃないか。なんでそんなに蛇口から飲みたいんだろう?
20070107012144.jpg
洗面台に上ると、首を傾げて、蛇口から細く流れる水を舌にすくってチョビチョビ飲む。飲んでる量より垂れ流してる量のほうが断然多いと思う。
最近は、一度に飲む量を控えているらしく、ずーっと飲み続けることはなくなった。ただ、ひとつだけ弊害が・・・。ご飯を食べた後に蛇口から飲んだり、蛇口から飲んだ後にご飯を食べたりすると、大量に吐くのだ。
蛇口からお水を飲む時、顎を上向きにした体勢で飲んでいるから、大量の空気も一緒に飲み込んでしまってるっぽい。んで、ゲップが出る時に満腹になっちゃってると、食べたものと一緒に吐くという。。。
うん、これは人間が気をつけてあげればいいことだからね。

しかし、いつまで続くのだろう。もしや ずっと・・・?

...Read more ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。