んばば*んばば
*ねこニャがぐーたらしつつ好き勝手をする日常生活*
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ねこニャ【んばば】      

  • Author:ねこニャ【んばば】      
  • 大きくてモフモフで
    柔らかい生物
    ・・・それは猫★

    猫6匹と一緒に
    ぐ~たら過ごす日々

    そんな中に
    ミニチュア人間が
    仲間入り

    お花を愛でて
    みたりもして・・・


    そんな
    とりとめない日記。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の北陸
2008-08-22(Fri) 23:59
起床したのは9時前。よく寝た。。。

洗顔してキッチンに顔を出すと、叔母さまは今にも出勤するところで、玄関で見送ると、これから朝食の用意(配膳)をするのだと義母が教えてくれた。(もしかしたら待たせちゃってたのかも・・・;;)

料理そのものは昨晩のうちに叔母様が準備してくださっていて、私たちは食べるだけ という贅沢さ、、、叔母さま、やっぱり凄いわ、スーパー主婦だわ!
ゆっくり食事してたら食べ終わったのは11時ごろになってしまった。これじゃ昼食も兼ねてるかも

今日は義母の実家の方のお墓参りだと聞いて急いで身支度。
叔父さまが わざわざお休みを取ってくださっていたみたいで、娘さん(Kの従妹:Aさん)の車に全員乗り合わせて すぐ近くの墓地へ。
お墓は急斜面の山の上に在って、階段がキツかった。。。こちらでも ご先祖に挨拶するだけで終わり(なにしろ蚊がたくさんいたし)、いったん戻ってAさんを増員してから市内観光へ!

叔父さまが まず連れて行ってくれたのは獅子吼高原
獅子ワールド館には、獅子頭がたくさん展示されていた。
巨大な獅子頭と。
獅子頭にも雌雄があるらしい

館内のビデオで ほうらい祭りの獅子舞の一部を観た。
重い獅子頭を操る青年の大変さと誇らしさを感じ入った。
ちなみにこの祭りは男祭りで、Aさんはこの祭りが大好きなんだそうな。活気があるんだろうなぁ。

昨年、ちょうど今頃の時期に、義父母からK78に獅子頭の飾りを戴いたっけ。。。ガラスケースに入れて今でもちゃんと飾ってあります。

そしてゴンドラで山頂へ。
下界を見下ろす
金沢平野と日本海を臨む

空に浮かぶパラグライダー
悠然と空に舞うパラグライダー

獅子吼高原はスカイスポーツのメッカらしく、年に3回全国大会も開催されるんだそうな。
ハンググライダーもあるそうだが、パラのほうが安全なので今ではハンググライダーはあまり見かけなくなったんだって。

北陸であるからにして、冬はスキー場になる高原。
しかし近年 次々に規模縮小・閉鎖してきてるんだそうな。ウインタースポーツにも流行り廃りがあるのかもしれない。
ねこニャは運動オンチだから、独身の頃一度Kとスキーに行ったがボーゲンで滅減たきり

下山したらすぐに昼食。
釜飯が美味しいのだという森茂へ。
岩魚  岩魚の塩焼き

森茂さんは昔 料理屋のほかに釣堀を営んでいたんだそうな。(店舗の下が釣堀だったとか)

ねこニャが食べたのは岩魚釜飯の定食。
和食系はK78にも食べさせてあげられるので助かる。

石川の県民性で、食べるものにお金を惜しまないNo.1 というのも頷ける。そもそも食材が上級なのだ。
後の世にまでも加賀藩を栄えさせた前田利家、傑物だ。

お腹を膨らませた後は一里野に ちょっと お散歩へ・・・。
3世代 義父・K・K78で3世代

あんよ上達グリーンシーズンのスキー場は、爽やかな風が吹いていて とても心地良かった。
先週のムクゲ自然公園に引き続き K78を芝生に座らせてみようと試みたけれど、やっぱり嫌がって泣いた。
それでも芝生は転んでも痛くないから、歩く練習をば。
おおっ! Kと片手を繋ぐだけでも歩くじゃないか
自分で歩けるようになるのも もうちょっとだ☆ 「歩くようになったら もっと目が離せなくなって大変よ~」皆さんにそう言われたけど、やっぱり子供が成長するのは嬉しいものである。(←今のうちだけか?(笑))

上機嫌なK78を連れて、かんぽの郷 白山尾口へ。
男性陣(叔父さま・義父・K・K78)は温泉へ。女性陣(義母・Aさん・ねこニャ)は、入湯すると時間がかかってしまうので、道路を挟んで反対側の道の駅・瀬女へ。
道の駅の隣地に『山猫』という蕎麦屋があり、そこの”蕎麦ソフトクリーム”が美味しいのだというAさんの情報により行ってみたのだが、~~売り切れのため終了~~の貼り紙が。ガーン。。。
仕方なく かんぽの郷に戻り、そこの売店のソフトクリームを食べながら(なんだい結局食べるのかい とゆーツッコミは無視です)男性陣を待った。
そんなに待たずに出てきた男性陣、オムツもとれてないK78は大丈夫だったのか?Kに聞いてみたら「あ、ヘーキヘーキ。途中でK78がジェットぶちかましたけど」  ・・・は?ジェット?

聞かなかったことにしよう。

帰路はドライブコースを走ってくれて、秋には紅葉が綺麗なのだという手取峡谷は、夏季はゴムボートで下ることも出来るらしい。

義母の実家に戻ると、午後の半日休を取ったという叔母さまが夕食の準備に取り掛かっていた。
寝起きさせてもらってる部屋に荷物を置きに行って、ちょっとだけ休ませてもらおうと座り込んだ、、、。

ぁ! 寝込んでしまった、ヤバイ!
慌てて起きると隣にはK78も ぐっすり寝ていた。Kが置いてったらしい。お腹出して寝ちゃってたのでバスタオルを掛けてあげてから部屋を出た。
夕食の準備はほとんど終わりかけていて、またしても配膳くらいしか お手伝いできなかった。(ちゃんと起きてて手伝ってたとしても何が出来たかは知れないが

今夜はKの従弟家族も集まってくるとのこと、Kは叔父さまや義父と既に飲んでいた。「今夜しかたくさん飲めないもん!(明日はもう帰るから)」 はいはい。ダメとは言ってないでしょーに。
K78が起きださないうちに食事。K78に食べさせながら自分も食べるというのは大変なんだもの。
大人が あらかた食べ終わったころ、K78の声が聞こえてきて、予め取り分けてあったK78の分を用意して食べさせた。
叔父さまたちはK78の食事量の多さに驚いていた。お孫さんは少食で(間食の所為もあるようだが)、ちょっと口をつけたくらいで「もういらない」と主張するんだそうだ。K78がこれでも お腹を壊さないこと、一昨日・昨日の食事量が少なくて大便が出てないことを知って ますます驚いたみたいだった。
お孫さんも以前は かなりぽっちゃりしてたのが歩くようになったら細身になったそうで、今はポッコリお腹のK78も歩き始めたらスッキリするだろうと助言をくれた。そうであることを切に願う

K78の食事も終わった頃にKの従弟家族(従弟のRO7さん・その奥さんのSさん・その子供のRBくん2歳)が やってきた。
わ、若い・・・!
従妹のAさんと ねこニャはちょうど10歳違いだそうだが、さらに若い・・・! 聞けばRO7さんは昨日で22歳の誕生日を迎えたんだそーな。そういえば19だか20で結婚したんだっけ。。。
子育て中という共通項はあるものの、これだけ歳の差があると何を話したらいいのやら見当もつかない。
K78とRBくん
左:K78(1歳2ヶ月) 、 右:RBくん(2歳1ヶ月)

人見知りをしないK78は臆することなくRBくんに近寄るのだが、シャイなRBくんは なかなかK78と触れ合えないままだった。
それにしても、あと1年でK78もRBくんくらいにスッタカスッタカ歩いて ちょこちょこ喋りだすようになるんだろーか。想像出来ない・・・。

RO7さんの誕生祝の為に集まってきていて、ねこニャが寝入ってた間に義母とAさんで買ってきていたケーキ(7号ホールケーキを2つ=いちご・ショコラ)を皆で分けて食した。K78には甘いからお預けね☆

翌日も仕事のRO7さん家族は 早々に帰っていった。RBくんは21時には寝るようにしているんだとかで眠そうにしてて、夜行性(?)のK78とは大違い。
今夜も1番風呂に入らせてもらって、明日出立するので荷物を整理しなおした。食事前に1度寝たから昨夜と違ってなかなか寝付いてくれないK78。
明日は長旅(?)なんだぞぅ~? さっさとオヤスミ。
スポンサーサイト

<< 寄り道 | Top | 挨拶回り >>

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://waterfield.blog12.fc2.com/tb.php/433-98174440
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。