んばば*んばば
*ねこニャがぐーたらしつつ好き勝手をする日常生活*
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ねこニャ【んばば】      

  • Author:ねこニャ【んばば】      
  • 大きくてモフモフで
    柔らかい生物
    ・・・それは猫★

    猫6匹と一緒に
    ぐ~たら過ごす日々

    そんな中に
    ミニチュア人間が
    仲間入り

    お花を愛でて
    みたりもして・・・


    そんな
    とりとめない日記。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極限状態
2006-10-07(Sat) 13:02
動物病院からハガキが届いた。ワクチン接種案内状・・・宛書は「倖眞くん」。

うをぉ~ッ、そんな時期が来てしまったのかぁ~ッ!!
できるなら考えたくなかったことなんだけどなぁ・・・
イヤイヤ、手帳にはしっかり記入してあったんだけど、見ないフリしてたのよ。

しかし、ここは心を鬼にして。というか覚悟を決めて。
"あの"倖眞をどうやって捕らえようか・・・。それがまず問題だ。

里親会から引き取った倖眞は、出会った時からビビリ屋だった。猫同士では世渡り上手でバッチリコミュニケーションが取れるのに、人間が「可愛い~」と思って手を差し伸べてもダッシュで逃げるのだ。

しかし倖眞は本来は人間嫌いではないらしく、他の猫(殿下とか るっきゅんとか)を撫でていると、自らその場に近寄ってきて「撫でて~」と鳴くのである。
それで人間が手以外を動かさずに撫でてあげると、おとなしく撫でられてくれ、あまつさえお腹を見せてゴロゴロするのだ。

なんだ本当はこんなに甘えっ子なんじゃないか、と思って抱こうとすると、動きを見せた人間にビクッとして逃げるのである。。。
この時のたまらない寂しさ・・・ううぅ、、、

一度、爪が伸びきってる倖眞を捕らえようとして、手に厚い鍋掴みをはめて(噛付き&引掻きに対する苦肉の策)、彼を追いつめてやっとこさ捕まえたことがあった。
唸り続ける倖眞は当然の如くパンチを繰り出して牙を剥き出したけど、とうとう捕まって抱き上げたら、ジョワーッとお漏らしを。。。
ビックリした人間は倖眞から手を放してしまったのである。

そんなこんなで、倖眞を捕らえるのは至難の業なのだ。
よって、倖眞の爪は切ることが出来ず、三日月形に鋭く尖ったまま。。。
他の猫たちとも取っ組み合ったり じゃれたりするのに、このままじゃ爪で傷つけてしまいそうで怖い・・・
それに追い詰め過ぎて今より人間を怖がるようになったら可哀想。。。

そんなところに届いたハガキ。そうだ、動物病院で爪を切ってもらおう!!
オーナーとしては情けないことだけれど、本猫にも周りにとっても最善の策だと思うので。

で、なんとかキャリーに追い込んで、動物病院に連れて行った。
先生に↑の事情を話した後、診察台の上でキャリーを開けてみたところ。倖眞は固まって唸っていた。やっぱりね。。。
キャリーがファスナーで全開できるタイプの物だったおかげで、隠れる場所も無くすると、助手さんがガッシと倖眞を抑えている間に、先生はササッと注射・・・。
怖がることに夢中(?)で注射どころじゃなかった倖眞は、かなり固まって身動き出来なかったらしく、前脚・後脚と爪を切られても唸るだけ・・・。

倖眞は、ビビリ屋だけど暴れん坊ではない。病院で暴れまわるような振る舞いはしなかった。
イロイロと安心して帰宅、リベルや雪ちゃんとじゃれ合ってる姿を見ても、もうヒヤヒヤすることはない。
本猫としては、爪とぎする際に爪の引っかかり具合が今までと違うことに、チョット不思議そう
人間への態度は、変化無し。時間を掛けてでも、少しずつでも、近づいていけるといいな。。。

20061014140218.jpg
しかし今後また爪が伸びてきたらどうすればいいやら。。。

倖眞は、ねこニャには撫でられてくれるけど、Kには全くダメなのだ。
餌で釣っても、玩具で遊んでも、近づくのを許されているのは猫たちと、例外的に ねこニャだけ。
魅惑的なグリーンゴールドの瞳の持ち主は、人間には厳しいのだった。
スポンサーサイト

<< 食べ比べ | Top | 33 >>

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://waterfield.blog12.fc2.com/tb.php/58-9fd00c73
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。