んばば*んばば
*ねこニャがぐーたらしつつ好き勝手をする日常生活*
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ねこニャ【んばば】      

  • Author:ねこニャ【んばば】      
  • 大きくてモフモフで
    柔らかい生物
    ・・・それは猫★

    猫6匹と一緒に
    ぐ~たら過ごす日々

    そんな中に
    ミニチュア人間が
    仲間入り

    お花を愛でて
    みたりもして・・・


    そんな
    とりとめない日記。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012-10-27(Sat) 20:19
東松山の埼玉県こども動物自然公園に行ってきた。

仮装パレード
10月27日・28日の土日はハロウィンの仮装パレードのイベントがあるのを知って、広い公園だしアスレチックもあるみたいだし・・・で、行ってみたんだよね。

少し遅くなっちゃって、パレード開始前の記念写真撮影には間に合わず。残念。
行列の後の抽選会は、つまらんかったなぁ。準備も段取りも悪いし。

イベントが終わったら邪魔な衣装は脱がせて、公園内巡り。
まずは牛の乳搾り。牧場とかで直に牛を見たことはあっても、乳搾りは牛の巨体の間近、K78が怖がるんじゃなかろうかと思っていたら、全然平気。「ウシさんのおっぱい、あったかかったね~」と笑顔。
そのまま外周をグルリと回って、待っていたふれあいタイムへ。モルモット、ウサギを抱っこし、そしてなんとヘビにも触ったのだった!
成長成長!2歳の時に富士サファリでふれあい体験したときには、ウサギはKが抱っこしているのを横からそっと撫でただけ(ウサギが動くと硬直してた;;;)、ヒヨコを膝に乗せてもビビッて逃げ腰だったのに・・・。

最後に東園のアスレチックへ。
なんかイマイチ・・・。実家近くのアンデルセン公園のアスレチックと比べてしまう。

その頃にはすでに陽が傾いていて、園内は薄暗かった。1日かけて遊んだなぁ。携帯の万歩計は約11,000歩。ダルダルな足で帰路に着いたのだった。




...Read more ?

視界一面サバ雲
2012-10-13(Sat) 16:52
秋の空

衣替えがひと段落して、さて洗濯物を取り込まねば、とベランダに出たら、この空。

おおおっ

思わずパシャリとな。
もっと眺めの良い場所で撮りたかったけど、雲はすぐ変形しちゃうもんね、移動する時間なんてナッシング。

散歩に行っていたK&K78も同じ空を見て、やはりパシャリとしたそうな。
ご近所には三脚持ち出して車道のド真ん中で撮っていたおじさまもいたそうな。

人の心を揺さぶる光景。空にはその力がある。
2012-10-07(Sun) 21:58
我が家の猫たちの中で、この箱にすっぽり嵌るのは、雪ちゃんだけ。

箱盛雪ちゃん

リベル(我が家で最大の猫様)も入ろうとしてたけど、「ムリムリムリ」家族みんなから言われてしまっていた。

そろそろ朝晩冷えてきたねぇ~。猫様用の毛布、出そうかねぇ。
お米の国だもの
2012-10-03(Wed) 15:24
我が家は、ほとんどお米(もち米除く)を買ったことがない。
結婚当初から、もらってばかりなのである。最初は、Kの実家から。北陸のお米で美味しかったのだが、わざわざ買ったお米を分けてくれてたんだよね。でもお祖母様の介護が必要になってからものいりで、分けてもらえなくなったワケ。で、その話を郵便局員の姉に話したら、頒布会で送ってくれるようになった。ラッキー!

それで十分間に合っていた。のに。
昨年のねこニャの誕生日頃、遊びに来た母が「何をプレゼントしたらいいのか分からなかったから」と言って、精米(新米)10kgを3袋、持ってきたのだった。

・・・30kg。って一俵だよね。

とりあえず「ありがとー」と言ったけれど、さて困った。
まず、置き場がない。そして、そんなに消費早くない。頒布会のも消費が追い付かずに10kg残っていたところに30kgもらって、さらに時期が来てまた頒布会の米が届いた。

いよいよ困った。

事情を話して、新婚の同僚に10kg(もちろん新米のほう)をおすそ分け。たいへん有難がられた。
それでもまだまだ残っていた。

当然ながら古いほうから消費していくワケで、そうやってちまちま食べていく生活の中で、2か月ごとに頒布会の米が届く。10kg消費しても新たに10kg届くから、いっこうに減っていかない。
そうしてどんどんお米が古くなり、とうとう今年の新米の季節がやってきてしまった。

古いお米は味が落ちるし、虫がつく。米櫃にしているストッカーの中は、ヒラタチャタテムシ(参考:http://www.naro.affrc.go.jp/org/nfri/yakudachi/gaichu/whatinsect_00.html )で薄茶色に見える・・・。
いっそ捨ててしまいたいけど、貧乏性なねこニャは、丁寧に洗って虫を落としているのだ。

でもさー。まだストッカーに入れてない、紙袋の米。開けてないけど虫がついてるだろうな、と想像がつく。
米の貯蔵庫があるわけでもなし、冷蔵庫に保管するには多過ぎ。早く消費するにはお昼用におにぎり作るしかない!とは考えても、なんだかんだでやらず仕舞い。

我が家の目の前の道路予定地で、鳥さんにばら撒いてしまおうか!?
単に捨てるんじゃもったいないと思うけど、外でばら撒けば虫も撤退するだろうし、そのあと鳥の餌にもなるじゃん。
って・・・・・・何kgばら撒けばいいのだ・・・・;;;;;;




ふと、思い出したんだけど。

お米30kgもらう約2か月前の、母の誕生日。お米券プレゼントしたんだよね。

・・・まさかね。
貰いたいからプレゼントしたんじゃないのに~~~;;;

ガクリ orz

...Read more ?

地獄へようこそ
2012-09-30(Sun) 23:07
『鬼灯の冷徹』by江口夏実

姉に借りて読んだ。
レンタル屋にも置いてあるのは知っていて、ちょっと気になってはいたけどイマイチ手が伸びなかったマンガ。

このマンガは、地獄の世界を、史実や日本昔話と融合させたりして、ボケとツッコミでコミカルに進んでいく。
全体の起承転結が想像できないから、ネタが尽きたらどーすんだろ、とか思いながら読んでしまい、いまいちストーリーにのめり込めない。

冷たく言ってしまえば、暇つぶし程度に読むマンガ。

近年、『地獄の絵本』てゆーのが子育て中の親の間で話題になったよね。そっちのほうが気になってんだけど・・・。